(写真をクリックすると拡大します)

 放駒部屋に続いて、相撲の話題を。
 写真は、阿佐谷三丁目10番地にある日本大学相撲部です。左側が玄関、右側が建物の全景です。
 昨年に新築しましたが、建物の東側の部分には以前、「花籠部屋」がありました。
 その関係から、輪島や荒勢などが花籠部屋に入門したと思います。(魁傑=放駒親方は日大柔道部出身)
 その後は、多くの部屋に入門していますが、出羽の花(出来山親方)、栃司(入間川親方)、両国(境川親方)、久島海(田子の浦親方)、大翔山(追手風親方)、舞の海、肥後ノ海(木瀬親方)、智乃花(香山親方)など、相撲界の人材の宝庫です。
 現在の幕内では、海鵬、よう(火へんに華)司、追風海、琴光喜、高見盛が活躍しています。
 監督は田中英寿さんで、相撲部だけではなく、日大全体の大幹部と聞いています。(私の後援会長が田中監督と大変に親しい間柄です) <2004年2月>

お披露目番号 その弐 日本大学相撲部