今日の写真は先日、愛犬の朝の散歩のときに撮りました。
 今まではまったく気が付かなかったのですが、あらためて少し時間を掛けて回りを見てみると、新たな“発見”があります。
 それほど広いスペースではありませんが、公園近くに栗畑があることは知っていましたし、秋のシーズンには美味しそうながなっていました。
 まだまだ夏真っ盛りですが、よく見ると写真のようにきれいな緑色をした栗がこちらを“私たちを見てくださいね”と言っているようでした。
 ミカンは比較的見慣れたものでしたが、今よりは大きくなるのでしょうか。また、食べたら美味しいのでしょうか。意外に果物の知識がない自分が分かりましたね。
 リンゴは少し前に雨が降ったので写真のようにみずみずしく、なっている数も多く、何となく可愛い感じでした。これを見て、「青リンゴサワー」を連想しましたが、これも食べられれば良いと思いました。あるいは、そうであれば、実際に誰かが食べているのでしょうか。
 いつもは気が付かない風景も少しゆっくり歩くと見えてくるのは素敵なことだと思います。
 なお、右下の写真はもちろん果物ではありませんが、家族でしょうか、仲良く楽しそうに泳いでいたカルガモ(多分)一家を撮りました。

8月18日(日)栗とリンゴとミカン成長中
(写真をクリックすると拡大します))