数日前、自宅に「東京都議会議員待遇者会」という団体から、写真の案内が届きました。
 それによると、この会は都議会議員を2期8年以上在職した皆さんで構成されているそうです。そして、その“資格”がある「大部分」の先生方で組織されているとも記載されていました。
 今回、私もその対象なったわけですが、当然、引き続いて都議として活動する人たちは“待遇者”にはなりません。
 この案内を見てあらためて“落選”という現実に直面することになりましたが、私はこの待遇者会に申し込みするつもりはありません。
 もちろん、この会に入ったからといって“一丁あがり”ではありませんが、新たなる活動に向けてその準備をしているときですから、今の私には入会は将来のことです。

7月1日(月) 都議会待遇者会案内
(写真をクリックすると拡大します)