昨日、私の事務所に台湾から女性のお客様が訪問されました。
 私の右隣が台北市議会議員の陳玉梅さんで、同じ青山学院大学を卒業されており、日本語を流暢に話されます。
 彼女とは長い間、お付き合いをいただいていて、都議会民主党の仲間たち(私が日台友好議員連盟秘書長)や労働団体のメンバーなどが台北市を訪れるときには、必ず現地でお世話をしてくれています。
 ご自分の選挙はいつもトップ当選で、次の国会議員(立法院)に立候補する可能性も高いと思います。また、台湾(中華民国)総統(大統領)の馬英九さんとも大変近しいようです。
 さて、両側のお二人は陳玉梅さんのお友達で、左が陳さんと同じ台北市議会議員のケツ・マイサさん、右が高雄市議会議員の陳・レイナさんで、三人とも国民党の所属です。
 それから、真ん中の“大根”はとても縁起の良い飾り物で、台湾では選挙事務所に置くことが多いと言われていました。
 彼女たちは羽田空港からホテルでチャックインだけ済ませて事務所に来ていただきましたが、素晴らしい“大根”を届けてもらいありがたい限りです。
 事務所から車に乗るとき、「門脇さん、必ず勝って台北で祝勝会をやりましょう!」と元気の出る激励をいただきました。
 なお、彼女たちの応援メッセージを録画しています。それを6月11日の都政・都議会報告会で放映する予定ですので、午後7時(開場は6時30分)にセシオン杉並に足をお運びいただければ幸いです。

6月7日(金) 台湾議会からのお客様
(写真をクリックすると拡大します)