台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)の政治セクションでお世話になった公使級の方が離日して本国にお帰りになることになりました。
 それで、心ばかりのプレゼントを贈るために、高島屋新宿店で開催されていた「第56回東京都伝統工芸品展」に一昨日行ってきました。
 会場では産業労働局の方が各ブースを案内してくれ、いくつかのブースでは職人さんや担当者が説明をしてくれました。また、写真にはありませんが、「江戸象牙」のコーナーでは象牙輸入量の推移アフリカでの密輸などについて詳しくお話を伺いました。
 そして、上述の台湾の方へは、「江戸切子」を買ってお贈りしましたが、とても喜んでいただいたようです。ここでも、担当者の方から「江戸切子」の素材などを教えてもらいました(写真右上)。
 それから、写真右下は私が購入した、「江戸硝子」の携帯電話・スマートフォンスタンドで価格は税込みで1,050円でした。早速、自宅で使っています。
 江戸時代から伝わっている優れた伝統工芸品と職人さんの匠の技は素晴らしいですね。あらためて、私も応援しなければと感じた展示会でした。

1月31日(木) 東京都伝統工芸品展
(写真をクリックすると拡大します)