1月13日(日)台湾の新年お祝いカード

 今日の写真は、台湾(中華民国)の日本における大使館の役割を担っている「台北駐日経済文化代表処」などからいただいた“新年のお祝いカード”です。
 その代表処の代表(大使に相当)ご夫妻、政治関係を担当しているセクションの責任者や担当者、友好議員連盟の会長などから送っていただきました。
 また、中央下の真っ赤なカードは、台北市議会からいただきましたが、カードの中には日本語で「謹賀新年 去年は皆様よりご厚誼をいただき、深く感謝いたします。今年こそ、日本は新しい展望に立ち、飛躍し、いよいよ繁盛になりますよう心からお祈りいたします。 2013元旦」と書かれていました。
 それから、とても嬉しいことなのですが、この市議会で通訳業務などをしている女性から(もちろん台湾の方です)かなりの達筆の便箋が入っていました。劉月美さんという職員ですが、私の大学(青山学院)の後輩であり、いつも彼女からの手紙は“門脇先輩”で始まります。
 今まで何度となく台北市議会を訪問させてもらっていますが、ほぼ例外なく彼女が通訳や案内などを担当してくれています。6月の都議会議員選挙が終了したら、台湾に行くことを楽しみにしています。
 それにしても、写真のカードはどれも大変きれいですね。これからの日本と台湾、東京都と台北市などの都市の交流がますます充実できるよう、私も微力ですが仕事をしてまいります。
(昨日は更新ができず、申し訳ありませんでした)