世界的に注目されている、中国共産党第18回大会も今日が最終日となります。
 しかし、本当に注目されるのは、明日開催される第1回中央委員会全体会議での人事案件です。中央政治局員、政治局常務委員、そして、最高責任者である”総書記”が決定されます。
 そして、先日もお伝えしましたが、汪洋広東省書記と李源潮中央組織部長が常務委員会入りするのかどうかで、この国と党の将来、わが国との距離などもかなり違ってくると思います。もちろん、中共は集団指導体制ですが、前述のこともあり関心があります。
 さて、写真は最近購入した「中国・真の権力エリート〈軍、諜報、治棄機関〉」です。版元は新潮社、著者の野口東秀(とうしゅう)さんは、最近まで産経新聞中国総局の記者で、現在は退社されています。
 今日のタイトルのように迫力あるドキュメンタリーで一気に読みました。著者も言っているのですが、最近の中国に関する報道は、香港筋などの情報をつなぎ合せて机の上で原稿を書いているケースが多いようです。でも、この単行本は文字通り、厳しい公安警察などの監視下で、ときには変装し、生命の危機に直面しながら、取材対象に迫るその行動力は、下手な小説より読み応えがあります。
 詳細は略しますが、中国製ギョーザ事件、カラオケやマッサージでのハニー・トラップ、中朝国境や四川大地震、新疆ウイグル自治区での状況描写など、スパイもどきの活動には感動さえ覚えます。
 また、国家安全部(省)や中共中央弁公庁、軍事委員会総参謀部などの組織体制も詳しく説明されています。なお、日本での警察は”公安”、同じく公安は”国家安全部”となります。日本と中国は漢字を共有している部分もありますが、意味が異なることも少なくありません。
 それにしても、冒頭述べた明日の人事はどうなるのでしょうか。なお、著者は次期衆議院選挙で維新の会公認で立候補するようです。

11月14日(水曜日)

迫力のドキュメンタリー

(写真クリックで拡大)