11月11日(日曜日) 吉永小百合さんのDVD
(写真をクリックすると拡大します)

 吉永小百合さんのお年は60歳少し過ぎと思っていましたが、もう、67歳なのですね。テレビCMなどで見ても、実年齢をまったく感じさせないきれいな方です。
 さて最近、講談社から写真の「吉永小百合DVDマガジン 私のベスト20」が発売されました。タイトルの通り、彼女自身が選んだ出演映画ベスト20のDVDが毎号付いています。
 創刊号は浦山桐郎監督の名作「キューポラのある街」で、1962年に製作されています。“うたごえ運動”や“北朝鮮帰還事業”など、左翼的視点からのシーンも登場しますが、これも一つの時代だったのでしょう。
 また、そのことについては、吉永小百合さん自身の思想にも影響を及ぼしていると指摘するされる方もいるようです。。
 ところで、数年前からいろいろなシリーズが定期的に発行されるようになりました。今回のようにDVDや模型が付いてくるケースも少なくありません。
 そして、決まったように“創刊号”は2号からの価格の半分程度です。このシリーズも創刊号は790円で、次号からは1,590円です。創刊号だけ購入する方も多いかも知れません。
 また、DVDの他にサイズは大きくありませんが、上映当時のポスターが綴じこまれています。これもノスタルジックで、サユリストにとっては素敵な一品でしょう。