11月9日(金曜日) 中国共産党大会始まる
(写真をクリックすると拡大します)

 写真は会派(都議会民主党)で購入している雑誌です。三つともとても有名なもので、日本を代表するビジネス週刊誌といってよいでしょう。
 偶然かも知れませんが、3誌とも今週号の特集は”中国”です。私もサクッと読んでみましたが、わが国とこの国との大変厳しい関係、状況が書かれていました。
 また先日、少し時間があったので事務所近くの書店に入り、顔馴染みの店員さんとお話しをしたところ、単行本、週刊誌(雑誌)ともに中国関連の本は売れているとのことでした。
 さて、昨日から中国共産党第18回大会が始まりました。一番関心のあるのは中央政治局常務委員会の定数(7名か9名)とメンバーです
 これについては党大会終了後の第1回中央委員会で決定するわけですが、今日現在でも一部のメンバーは決まっていないという報道もあります。
 それから、個人的には政治局員で党広東省書記の汪洋と同じく政治局員で党中央組織部長の李源潮の二人が常務委員会入りするかどうかに関心があります。
 少しオーバーな表現ですが、その動向により、これからの中国の方向性が決まっていくような気がします。