10月20日(土曜日) 小田急新宿駅の繁体字
(写真をクリックすると拡大します)

 先日、私を支援していただいている組合の定期大会が箱根湯本であり、小田急のロマンスカーに乗って行ってきました。
 大会では組合の責任者や来賓の皆さんから力強い応援の挨拶、特に来年夏の都議会議員選挙に向けての激励をいただき、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。
 さて、上の写真はロマンスカーが入選した小田急新宿駅で撮ったものです。携帯電話のカメラで写しましたが、それなりにはっきりと見ることができます。
 ところで、今から8年前のホームページに、特急ロマンスカーを中国語で“浪漫特快速”と表すという記事を書きました。詳しくはこちらをクリックしてご覧いただきたいのですが、杉並区議会議員の時代のことです。
 それで、今回紹介したかったのは、外国語表記がこの駅では、英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、ハングルの4種類あったことです。
 最近は英語、中国語(簡体字)、ハングルの3種類の表記は多くなりましたが、まだまだ、繁体字の中国語を見ることは少ないのが現状です。
 ご承知の通り、簡体字は中国大陸やシンガポール、繁体字は台湾(中華民国)、香港、マカオなどで使われます。東京都は外国からのお客様の観光施策を強化していますが、今日の記事のように、繁体字でのサインが増えていくのはとても良いことですね。