10月8日(月曜日) 10月のアサガオ
(写真をクリックすると拡大します)

 一昨日の土曜日、愛犬たちの散歩で妻と阿佐谷南の住宅地を歩いていると、写真のアサガオが目に入りました。
 「あれ、アサガオって夏の花じゃなかった」と妻に言いましたが、彼女も「この時期に咲く種類もあるのでしょう」と答えただけでした。
 帰宅して少し調べてみると、アサガオは“秋の季語”であるということが分かりました。しかし、これは旧暦のことで、俳句などの季語の秋は、立秋(8月7日ころ)〜立冬(11月7日ころ)をさしているそうです。
 それから、あまりお馴染みではありませんが、“秋の七草”というのがあるのですね。萩・尾花・葛(クズ)・撫子(ナデシコ)・女郎花(オミナエシ)・藤袴(フジバカマ)・桔梗(キキョウ)で、キキョウはアサガオともいわれていると辞典に書いてありました。
 アサガオほど日本人に親しまれ、身近に咲いている花はないでしょう。なお、写真の場所は、中杉通りから産業商工会館がある通りを入り、会館を越えてしばらく歩いた右側のお宅です。私たちを楽しませてくれ、ありがとうございます。