7月13日(金曜日) 仲間たちの都議会見学会
(写真をクリックすると拡大します)

 東京都議会見学会も回を重ねてきましたが、今週の火曜日は、UIゼンセン同盟東京都支部・東京流通関連業種・靴連絡会の皆さんが訪問されました。
 何とも長い名前の組織ですが、要するに“靴”に関係する労働組合の集まりとお考えください。
 当日参加された組合は、G-FOOT(ジーフット)、チヨダ(杉並区内に本部があります)、タケヤ、リーガルの仲間の皆さんです。
 さて、都議会見学のコースですが、議事堂2階のPRコーナー、同6階の第15委員会室(予算特別委員会が開催されます)、本会議場、議長室、議長特別応接室などでした、
 特に本会議場では、参加者の皆さんが“議長席”“知事席”、また、私の議席に座られ楽しそうでした。そういえば、国会・参議院視察のとき、議会運営委員会室の委員長席に私も座らせてもらいましたが、同じ気持ちでしたね。
 また、中村明彦議長が在席で、快く私たちに対応していただき、ここでも議長室の執務席に座って写真を撮っていました。
 それから会議室の戻り、私から都政・都議会報告をさせていただきました。20分少しの時間でしたが、皆さんはとても熱心に聞いてくれました。
 懇談の席にも事務所スタッフといっしょに参加しましたが、やはり、民間企業(労組)の方々とお話しすることは有意義です。
 議会の中の議論も大切ですが、それだけですと、社会の常識から少しずれてしまったり、サラリーマンの“感性”からだんだん遠くなってしまうように思うのです。 
 私は特に民間企業出身ですし、“働く者の代表”という意識を忘れないように努めてきましたので、なおさらです。
 これからも、地元杉並区や各種団体の皆さんの見学会を歓迎します。また、門脇事務所で企画と募集を行います。