杉並区と中野区のほぼ区界にある中野特別支援学校の卒業式には、私の三男の母校ということもあり、毎年出席しています。
 それで、学校の反対側、方南通りの道路の向かい側に写真の東京メトロの車両基地があります。
 ここには車両工場もあり、この二つを合わせて「車両基地」と称するそうですが、地下鉄丸ノ内線が300両以上お休みしています。
 さて、上の写真は左は午前9時過ぎに、右は同10時半ころに撮りました。その間にラッシュアワーで一所懸命に働いた電車が帰ってきています。
 また、写した場所は方南通りに跨ぐ歩道橋からですが、ここは基地を撮影するには絶好のポジションのようで、検索してみると、ここからの写真が数多くヒットします。ファンの考えることは同じですね。
 それから、左の写真の奥に銀座線の車両が見えます。銀座線もここで検査しているようです。赤坂見附駅附近のポイントから丸ノ内線に乗り入れてくるのでしょう。
 あと、鉄道写真にしては全体が何となくすっきり写っています。あとで気が付いたのですが、丸ノ内線は架線がなく、線路横の“第3軌条”から電力の供給を受けています。
 東京の地下鉄では銀座線が同じ方式ですが、周囲の景観を損なわないのは良いことです。もっとも、地下ではあまり恩恵がありませんが。

3月20日(火曜日) 中野車両基地を見る
(写真をクリックすると拡大します)