先日、予算特別委員会が終り、帰宅のため都政ギャラリー(都議会議事堂1階)を通ったとき、展示されていたのが写真の作品です。
 時刻は午後8時半ころでしたが、節電をしているため、都政ギャラリーはほとんど真っ暗でした。そんな状況でしたので作品を見たとき、”エッ!”と驚きました。想像していただけると思います。
 さて、今回は「トーキョーワンダーウォール公募2011(立体・インスタレーション部門)」を受賞した作品を展示しています。
 上の写真2枚と左下は伊東純代さんという方の作品で、右下は二藤建人さんのそれです。お二人のことは存じませんが、これからの美術を担う新進気鋭の作家なのでしょう。
 展示期間は3月26日までで、開場時間は午前9時から午後6時です。ちなみに、土日祝日もオープンしているそうです。
 なお、タイトルは作家には失礼と思いますが、同僚議員数人も同じことを言っていましたので載せました。気にさわったらお詫びいたします。
(写真左下:新井ともはる議員・日野市選出)

3月17日(土曜日) なんとなく不気味
(写真をクリックすると拡大します)