3月13日(火曜日) 本日午後1時より質問!
(写真をクリックすると拡大します)

 タイトルとその上部の<お知らせ>の通り、本日午後1時より都議会予算特別委員会がスタートします。
 その冒頭、私は都議会民主党を代表して総括質疑を行います。持ち時間は128分ですが、これはし質問の時間と答弁のそれを合計したものです。
 今日は民主党、自民党、公明党、共産党の多数会派順に質疑が進み、4名の質問が終了するのは午後8時過ぎを予定してます。
 さて、その持ち時間(書面上は“所要時間”)ですが、上記のように質問をする時間とそれに対する答弁の時間を合計したものですから、正直なところ、全体の時間が“読めない”ことが少なくありません。
 つまり、それぞれの施策の責任者である「局長」「教育長」などの答弁の長さはある程度予測ができるのですが、石原慎太郎知事のそれはできません。
 正確に言うと“できないこと”があります。特に「政治マター」のことは知事にしか答えることができませんのでなおさらです。ですから、私もあらかじめ会派の同僚議員には、「質問項目が全部できなくも許して」とお願いしてあります。
 さらに、予算特別委員会はいわゆる“一問一答”形式ですから、答弁の内容によっては、再質問、再々質問もありますので、用意した質問がすべて終わるのか分からないのです。
 それから、私の質問項目はこちらをクリックしてご覧ください(開いたページの一番上の私の名前:門脇ふみよしをクリックしてください)。
 なお、明日と明後日は都議会民主党から8名の同志がそれぞれ45分間の質疑に立ちます。こちらは“生中継”はありませんが、いずれも精鋭をそろえましたので、大いに期待してください。
 なお、3月27日(火曜日)の午後1時からは「しめくくり総括質疑」が行われ、こちらは本日同様、東京MXテレビで生中継が行われます。わが会派の質問者は政策調査会長の酒井大史さんで、文字通り、最後を飾る“真打ち”登場ということになります。
(写真:今から6年前の予算特別委員会の様子)