写真の看板はわが家の近くにある神社のフェンスに取り付けられているものです。
 その神社の許可を取ったものかどうかは分りませんが、同じく近くの公園横にある農園にもあったような気がします。
 文字はご覧のように”手書き”ですが、私が気になってしかたがないことが二つあります。ひとつはマッサージ業を経営している店舗名なのか個人名なのか不明ですが、やはり“フミヨシ”の4文字です。
 私は政治活動の通称として“ふみよし”を使用していますが、戸籍名は“文良”です。現在までこの二つの漢字を使った“ふみよし”は1回だけ見たことがあります。20年くらい前だったと思いますが、渋谷区にある日赤病院に友人のお見舞に行ったとき、公用講座の講師の先生の名前が“文良”でした。どうでも良いことかもしれませんが、看板の“フミヨシ”が気になりますね。
 もうひとつはマッサージの価格です。私はマッサージをほとんど利用したことはないので、表示の「60分1,500円」が一般的な相場なのか知りませんが、事務所近くにあるクイックマッサージ店などの看板を見ると、この値段は2分の1から3分の1のようです。
 友人は「超安いよ!」と言っていましたが、さらにこの“フミヨシ”はマッサージ師が派遣されてくるのか、それとも、お客さんが店舗まで出向くのか、利用する気もないのに気になってしかたがありません。
 そもそも、どのようなマッサージなのか少しだけでも教えてもらうために電話をしたい気持ちになっています。何だかおかしいですね。

3月3日(土曜日)

この看板は何?

(写真クリックで拡大)