2月17日(金曜日) 東京マラソン応援号
(写真をクリックすると拡大します)

 写真は一昨日、東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から都議会の下車駅である西新宿駅まで乗車した車両で撮ったものです。
 今までも数多くの“1編成丸ごと1社広告”の電車を、JR、私鉄、地下鉄など見たことはありますが、これだけのインパクトのある広告満載車両を経験したことは初めてでした。
 特に写真右上のドア広告は東京マラソンゴール(フィニッシュ)をイメージしたものだと思いますが、その発想は見事!と感じました。
 また、同左下は、車内の窓にランナーの姿が貼られています。東京メトロのホームページによると、「アスリートランナーからコスプレランナーまで、バラエティに富んだ市民ランナーを登場させることで、東京マラソンらしさのある表現を目指しました」と説明されています。
 そのほかにも、中づりや窓上広告、つり革など、車内は26日に迫った東京マラソン一色になっていて、乗客の皆さんもあちこち見回していました。
 ところで、このあと調べてみたのですが、この「東京マラソン応援号」が運行をスタートした日が15日、つまり私が南阿佐ヶ谷駅から乗ったその日でした。
 さらに、この応援号は丸ノ内線と銀座線に僅か“1編成”ずつということも分りました。偶然が重なったとはいえ、私と東京マラソンとの関係の強さを感じさせていただいた幸せな時間でした。