1月8日に紹介した、「しだれ梅」が咲きました。
 今回もまた妻の「あなた、梅の花が咲いたわよ」の声で開花していることを知ったのですが、思っていたよりもきれいに咲いていますし、今はつぼみも近日中には花になるでしょう。
 ところで、テレビのバラエティー番組ではありませんが、例えば、“梅”という文字が含まれる単語はどんなものがあるのか、ふと考えてみました。頭の体操ですね。
 松竹梅、梅酒、梅ヶ丘(小田急線の駅)、梅屋敷(京浜急行の駅)、梅茶漬け、梅干し、梅仁丹、梅田(大阪のターミナル駅)、青梅特快、雪中梅(日本酒)、梅岡(事務所スタッフのご親戚)など、いろいろとありますね。
 ただ、“松竹梅”ではランクが一番低いので少しかわいそうにも思いますが、全体ではおめでたい象徴でもあるわけですから、それはそれで良いことです。
 また、梅は健康食品の代表選手でもあるようです。梅干しは更にそのリーダーですし、私も大好きな食べ物です。
 梅酒も良いですね。その飲み方ですが、やはり“ロック”がベストです。最近はノンアルコールの梅酒(この表現も変なのですが)もあるようですが、どのような味なのでしょうか。
 話題があちこちに飛んでしまいましたが、古来から日本人にとって梅はとても大切なものであることは間違いないようです。

1月22日(日曜日)

しだれ梅が咲きました

(写真クリックで拡大)