1月21日(土曜日) 銀座から晴海へバスで
(写真をクリックすると拡大します)

 十日ほど前に晴海にあるホテルで、ご支援をいただいている団体の新年会がありました。
 晴海地区はあまり便利の良いところではありませんが、数寄屋橋から都バスに乗ってホテルに向かいました。
 この路線(四ツ谷駅または東京駅南口が起点)の便数は多く、私は銀座まで丸ノ内線を利用して、ここで都バスに乗り換えました。
 それで、数寄屋橋の乗り場でバスを待っていると、背後から素敵な音色が聞こえてきましたので、振り向くと写真の“からくり時計”のお人形が楽しそうに回っていました。有楽町マリオンのビルです。
 偶然のことでしたが、良い経験をしたと思います。そして、間もなく到着した都バスの最後部席に座り、現地まで窓の外の風景を見ながら、何となくカメラを構えていました。
 その写真ですが、右上は銀座4丁目の交差点です。三越のマークの上に伊勢丹の文字が見えますが、百貨店業界も変化しているのですね。
 左下は勝鬨橋ですが、この橋が再び開くことはなさそうです。右下はきれいな夕日に映える晴海の街並みです。何となく寂しそうな絵になってしまいました。