昨日に続いて烏山頭ダムまでの行程ですが、今日は最寄りの隆田駅近くでの昼食のことをお知らせします。
 写真左上が駅前広場とそれに続く街並みですが、とてものどかで、何となく昭和30年代の日本の田舎の駅前のような雰囲気でした。異国なのに懐かしく感じるのはなぜでしょうか。
 さて、駅前には何軒かの食堂がありましたが、少し歩いて「丸久」というお店に入りました。
 台北市内などには日本語のメニューがあるお店も多いのですが、さすがにここまで来るとそれはありません。もちろん、日本語も英語も通じません。
 でも、台湾とは“漢字”という共通の文化があるので、中国語のメニューを見ても何となく意味は分かりますし、筆談も有効です、まして、台湾は日本の漢字の近い“繁体字”ですから(中国大陸は簡体字)、より分かりやすいと思います。
 それで、私とスタッフが注文したのは、牛肉炒麺と牛肉炒めご飯(写真左中)でしたが、大変美味しくいただきました。日本人の味覚にも合っていると思いました。。
 それから、写真左上はおかずですが、60元と20元でした。こちらも注文して正解でした。私はもともとこのような食べ物が大好きです。
 食事が終わったあとにフルーツジュースをお願いしました。写真右中に写っている果物をジュースにしてくれます。私はカボチャに牛乳を入れてもらいましたが(写真左下の右側)、これが、今までに飲んだ天然生ジュースで一番美味しかったですね。ボリュームもたっぷりです
 ちなみに、これが35元でしたが、写真右下のメニューと比べてください。これは台北市内にある太平洋そごう地下のフードコートで撮ったものですが、値段は約2倍になっていましたので、国内での地域差を感じました。
 もちろん、言語の違いはありましたが、そのことを超えてお店の皆さんはとても親切でした。来週には本論の烏山頭ダムのことを紹介しますが、その入り口の駅で大変良い経験をすることができました。
 忘れていました。上記の食事とジュースの合計額は2人合わせて300元でした。日本円で800円弱ですら本当に安いですね。

1月13日(金曜日) 台鐵隆田駅での昼食
(写真をクリックすると拡大します)