台湾のお土産の種類は数多くありますが、一般的には、パイナップルケーキ、お茶、からすみがベストスリーではないでしょうか。
 私もお土産にパイナップルケーキを買ってくることが多いですね。もちろん、それぞれに好みは違いますが、このお菓子は比較的多くの皆さんに好評のようです。
 しかし、台湾を代表するお土産ですから、その種類の多さはどのくらいあるか分かりません。ですから、購入するときは値段とのバランスを含めて迷ってしまうことが少なくありません。
 さて、写真のパイナップルケーキですが、奥の箱の製品が有名なメーカーのものです。写真を拡大したいただくと左上に社名が書いてありますが、台湾の街中ではどこでも見かける緑の看板は有名です。
 良く知られているブランドのお菓子が必ず美味しいとは限りませんが、まずは無難なところでしょうか。実際に食べてみましたが、箱に表示されているように、2005年韓国で開催されたAPECのギフトに選ばれただけあると思いました(どうして韓国で台湾のお土産なのかは不思議ですが)。
 手前のパイナップルケーキは、後日に詳しく掲載する予定ですが、台湾南部の烏山頭ダムに行ったとき、高鉄(台湾新幹線)台南駅のセブンイレブンで求めたものです。
 日本ではあまり知られていないようですが、現地では高級なパイナップルケーキとして販売されていると聞きました。大きな箱に入っているものもあったのですが、台北に帰るまでの新幹線の時刻が迫っていたので、小さいサイズのものを数個もってレジ走りました。
 なお、台南でしか売っていないと書いてあった雑誌もありましたが、台北の松山空港国際線待合室でも販売していました。味は食べていないので分かりません。
(今日の記事には私の個人的な感想などが多く含まれていますが、上記の製品の購入を勧めたり、勧めなかったりするものではありません)

12月25日(日曜日)

パイナップルケーキ

(写真クリックで拡大)