一昨日の夜、中国から無事帰国しました。出発前のホームページでは昨日から更新を再開するとアナウンスしていましたが、結果的に今日からになり失礼しました。
 なお、中国友好訪問団のことについては、写真などの整理をしてから近日中に報告する予定です。
 さて、昨日も朝から、会派産業部会(私は事務局長)、公営企業委員会(同理事)、医療政策調査会(同事務局次長)と会議が続き、五日間都議会を空けていたこともあり、その会議と会議の間には、各局の幹部職員が短時間の打合せのため控え室に来られていました。
 それで、写真は公営企業委員会の様子ですが、昨日は所管の交通局、水道局、下水道局からそれぞれの事務事業の概要について説明を受けました。
 現在東京都には上記三つの公営企業がありますが、文字通り、都民生活に直結する重要な業務を担当していますし、その役割はとても大きいと思います。
 ちなみに、私は初めてこの委員会に所属することになりました。少し不謹慎な表現になりますが、電車やバスなどの乗り物が大好きな私にとって、特に交通局の仕事の内容などは今から大変に興味があります。
 また、いささか個人的なことになりますが、下水道局長の松田二郎さんはかつて杉並区長だった松田良吉さんのご子息です。すでに松田良吉さんは鬼籍に入られていますが、昭和58年に私は区議会議員に、彼は区長に当選しています。
 行政と議会とは異なりますが、いわば“同期の桜”であり、元区長とは親しくさせていただきました。不思議と何かのご縁を感じますね。

11月16日(水曜日)

新しい常任委員会

(写真クリックで拡大)