“離党”という表現は適切ではないかもしれませんが、先日行われた荻窪消防団消防操法大会が終了したときに私が、「田中さん、党員継続はどうしますか」と尋ねたところ、彼は「継続はしません。今後は無所属でやります」と答えられました。
 民主党ではこの時期、党員やサポーターの再登録を進めていますので、党員である田中良さんに確認したわけです。ですから、継続しないことは離党することになりますので、上記タイトルを使いました。
 また、田中さんは民主党杉並区支部では最高顧問として大所高所からご指導をいただいてきましたが、その役職も自動解除となります。
 さて、田中良さんとは彼が杉並区議会議員選挙に当選したときからのお付き合いになります。当時は他の一人を含めて私と3人で会派を組んでいました。
 その後、2年間で都議会議員に転進しますが、過去の衆議院選挙では、山田宏さん(新進党)、片山光代さん(民主党)、鈴木盛夫さん(民主党)、保坂展人さん(社民党)の本部長となり、選対を指揮されていましたし、私は事務局として彼と行動を共にしてきました。
 また、3回前の都議会議員選挙では、私が田中選対の本部長を務め、逆に私の最後の区議会議員選挙のときには力強く応援していただきました。
 そして、昨年夏の区長選挙で当選をされてからは、54万人都市のプレジデントとして活躍されているのはご承知の通りです。
 田中良区長にはこれまでのご功績に感謝申し上げつつ、杉並区政でさらにご活躍されますことをお祈りいたします。
(写真:昨年夏の野球リーグの開会式で)

6月17日(金曜日)

田中良区長が離党

(写真クリックで拡大)