先日、お世話になっている方から、写真の「宣有千萬」をいただきました。“よろしくせんまんあるべし”と読むのだそうですが、あの有名な日本酒「八海山」を製造している八海醸造株式会社(新潟県南魚沼市)の製品です。
 ただ、このお酒は日本酒ではなく、清酒粕を原料にした本格焼酎(乙種)で、アルコール分は40%と高く、価格は一般の焼酎より高価なようです。
 また、蔵元のホームページでは次のように紹介されています。
 高品質な日本酒の製造過程で生まれる、新鮮な清酒粕のみを原料に、そのままの状態でゆっくり時間をかけて減圧蒸留した贅沢な本格粕取り焼酎です
 3年以上の貯蔵により円熟したまろやかさと、日本酒特有の風味が一体化した、ふくよかな味わいです。数量に限りがございますので、売切れの際はご容赦ください。

 そして、化粧箱には飲み方についての注釈もありました。「『宣有千萬』の醍醐味をお楽しみいただくには、ストレートまたはロックがおすすめです。水割りにされる場合は、5:5の割合にして一晩寝かせると、直前に割ったものよりまろやかでバランスの良い風味をお楽しみいただけます」。
 さて、早速にロックでいただいてみましたが、日本酒と焼酎をミックスしたような風味でした。ただし40度ですから、一杯だけにしておかないと、明日の活動に支障が出ることは間違いありませんね。
 ちなみに、宣有千萬とは中国で古くから使われている吉語で、「限りなく多くの福が得られるように」という意味だそうです。

2月5日(土曜日)

八海山の粕焼酎

(写真クリックで拡大)