少し前のことになりますが、あることを調べるためにインターネットで検索をしていると、「あの丘を越えて」というサイトとめぐり合いました。
 その内容ですが、「都庁の主任級職選考(主任選考、主任試験)合格を志す人を応援するブログです。毎日毎日の丘を越えていきます」と説明されていました。
 現在は更新が終了していますが、文章を読むと書いていたのは都庁内の幹部職員のようです。私も“あの方かな、それとも・・・”と想像しましたが、少なくても職場内で人望のある方でしょう。
 さて、そのサイトの昨年4月9日に私のホームページが紹介されていました。「蓮舫参議院議員都知事選出馬へ」とのタイトルで書いたものですが、実は“エイプリル・フール”の政治ジョークでした。詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。
 さて、当時のことですが上記サイトを掲載されている方は、私のホームページを次のように紹介してくれています。
 杉並区選出の民主党・門脇ふみよし都議会議員のホームページです。政治家のホームページやブログとしては珍しくきちんと毎日勤勉に更新されていて、私は毎日の巡回コースに組み込んでいます。
 今でも読んでいただいているのでしょうか。とても嬉しいですね。それで、実際にはこちらをクリックして見ていただきたいのですが、このようにも書かれています。
 庁内のかなりディープな情報に通じているある部長と、一献酌み交わしながらこの春の副知事人事やそれにまつわるあれこれを話しているときに、その部長が、蓮舫が知事選に出ると聞いた、と漏らしました。聞くと私も知っているその職務からいってかなり確かな情報源からの話だというのです。
 そこで、この記事の話をして、エイプリルフールに尾ひれがついた与太話だろうという私の見解を話しましたが、考えてみれば、巧妙にエイプリルフールを装った観測気球ないし世論工作だという陰謀論的な見方もできます。あるいは、そうでなくてもひょうたんから駒という展開になるかもしれません。そうなれば、すでに定着した言い方である「冗談から駒」そのものです。

 過大な評価をいただき、ありがとうございます。でも、私にはそのように“陰謀論”を展開できるような能力はありません。自分の強い想いをエイプリル・フールに乗せて表現しただけです。
 また最後には、もし庁内で来年4月の知事選立候補者についての話を耳にされたら、門脇議員の4月1日の記事のことを思い出してください。と結ばれています。
 写真は昨日開催されたUIゼンセン同盟東京都支部の旗開きで撮りました。先日、蓮舫さんにメールを送ったのですが、彼女は「カディー(私のニックネーム)、メールもらってありがとう」と言っていました。そのことや会派内での彼女に対する期待などについては、次の機会にお伝えします。 

1月19日(水曜日)

蓮舫さんと都知事選

(写真クリックで拡大)