1週間前のことになりますが、セシオン杉並大ホールで「平成23年杉並消防団始式」が開催され、参加した5人の都議会議員を代表して、写真のように私が挨拶をさせていただきました。
 杉並区には杉並消防団と荻窪消防団の二つがあり、それぞれ東京消防庁杉並消防署、同荻窪消防署と連携して活動をしています。
 写真左側には、川上第4方面(杉並区・新宿区・中野区内の7消防署を統括)本部長、海老原杉並署長(写真が切れていて申し訳ありません)が、また、右側には田中区長、小泉区議会議長が写っています。
 さて、私の挨拶の内容ですが、最初に当然のことですが、「1300万都民、54万人杉並区民の皆さんの生命、身体、財産を守っていただき、ありがとうございます」と申し上げました。
 そして、「杉並消防署は東京23区内では最大の職員が勤務している大規模署です。ですから、消防団員の方々も消防署と連携して誇りある業務に励んでください」と続けました。。
 それから、「先日、東京消防庁幹部とお話をしたとき、杉並消防団は士気、行動ともに都内消防団の中でも大変に優秀であると聞きました」とお伝えしました。
 結びには、「都議会として東京消防庁や杉並消防署ともしっかりと歩調を合わせ、消防団の活動をサポートしてまいります」とまとめました。
 なお、内輪のことですが、都議会議員の代表挨拶は、二つの消防団の始式やポンプ操法大会などで、その都度誰が担当するか決めています。

1月15日(土曜日) 杉並消防団始式
(写真をクリックすると拡大します)