先日、かなりタイトなスケジュールの一日でしたが合間を縫って、港区芝にあるUIゼンセン同盟東京都支部を訪問しました。
 その理由ですが、写真の二宮誠支部長さんが還暦のお誕生日を迎えられたので、そのお祝いをさせていただくためでした。
 UIゼンセン同盟は全国47都道府県に支部があり、そこには責任者である支部長が本部から任命をされています。
 私は区議会議員になる前ですから、かなり以前のことですが、UIゼンセン同盟(当時はゼンセン同盟)流通部会に専従者として働いていましたので、そのこともあり、現在も数多くの支部長さんにご指導をいただいています。
 特に東京は組合数、組合員数ともに全国最大であり、本部を東京においている組合も多いので、より一層業務の役割が重要です。また、そのこともあり“三多摩事務所(都支部のブランチ)”を含め勤務している専従者数も全国最多です。
 さて、写真のように二宮さんには「江戸切子」をお渡ししましたが、先輩も大変喜んでいただきました。 
 ところが、私はここでミスをしてしまいました。というのは、お誕生日は先日迎えられたので良かったのですが、“還暦”は昨年だったのです。
 もちろん、二宮さんは怒ることなどなく、「還暦から1歳になった。本当にありがとう」と笑ってお礼を言ってくれました。これからも、変わらぬご指導をお願いしたします。
 僅か5分の訪問でしたが、事務所の皆さんも喜んでもらい、私も爽やかな気持ちで都議会に向かうことができました。

12月12日(日曜日)

先輩のお誕生日

(写真クリックで拡大)