昨日の午前8時から、杉並区堀ノ内に事務所がある「親和・都民交通労働組合」の第36回定期大会があり、来賓として出席させていただきました。
 この組合については、私のホームページで何回か紹介していますが、25年以上にわたりご支援をいただいています。
 写真左は委員長の永井好幸さんで、組合事務所前で撮りましたが、昨年夏の政治活動ポスターを今でも貼ってくれています。ありがたいことですね。
 さて、今回の大会で組合の上部団体を「私鉄総連」に選択されるとお聞きしました。もちろん、私鉄総連は「連合」加盟の産別であり、各種選挙で民主党を応援してくれています。新しい組織で頑張っていただきたいと思います。
 タクシー産業を取り巻く状況は依然として大変厳しく、乗務員さんのお給料や労働条件もタイトなのですが、これからは少しずつ良くなっていくと思います。
 私たちも同僚議員と力を合わせ、働く仲間の地位向上に向けて奮闘努力していかなければなりません。

10月24日(日曜日) 親和交通労組定期大会
(写真をクリックすると拡大します)