「東京都議会花粉症対策推進議員連盟」は、東京都の喫緊の課題である花粉症対策の一層の促進と花粉症全般に関する適切な対策の総合的な推進を目的として、平成18年3月に設立され、現在、超党派による約90名の都議会議員が加入しています。
 この議員連盟では、花粉の少ない杉に植え替える「花粉の少ない森づくり募金」活動に協力しており、今回、4回目の取りまとめを行いました。
 ここで取りまとめられた募金は、後日産業労働局を通じて(財)東京都農林水産振興財団に寄付されます。
 なお、議員の募金(寄付行為)には制約があり、私の親族や秘書はそれができません(もちろん本人も)。その制度の中で事務所を訪問された方などにご協力をいただきました。
 ところで私は、“花粉症”という名前がなかった学生時代から悩まされ続けてきましたが、数年前から症状が軽くなりました。
 原因は良く分かりませんが、お医者さんのお世話になったということではありません。
 いずれにしても、多くの都民の皆さんが苦しんでいる花粉症への対策を強化することが必要です。

6月20日(日曜日)

花粉症議連募金

(写真クリックで拡大)