一昨日の金曜日、私の自宅からも数分の距離にある、都立善福寺緑地公園内広場を中心として、タイトルの杉並区合同水防訓練が開催されました。
 当日は気温も高くなく、さわやかな五月晴れに恵まれ、消防署(杉並・荻窪)職員、消防団(杉並・荻窪)団員、杉並区役所職員、町会・自治会、災害ボランティアの皆さんなどが参加し、日ごろの練習の成果を含め、水防工法を披露しました。
 特に写真下段右の救助救出訓練は、杉並消防署特別救助隊員により行われましたが、かなりの迫力がありました。
 また、写真下段左は「積み土のう工法」ですが、その説明のとき、私は向かって左側にいたら、署員の方が「門脇さん、そこは水の中です」と注意され、一同爆笑でした。
 なお、写真の中で、白いヘルメットを被っているのは消防署員、緑は消防団員です。地域防災会(町会・自治会ごとに設置)は写っていませんが、その役割も重要です。
 皆さんの活躍を期待しています。

5月30日(日曜日 杉並区合同水防訓練
(写真をクリックすると拡大します)