昨日、都議会でイオンリテール労働組合の皆さんが集まり、「医療行政ウォッチングin東京都議会」が行われました。
 イオンリテール労組は、スパーマーケットのジャスコなどで働く仲間たちで構成されていて、私もかなり以前からお世話になっている団体の一つです。
 今回の研修会のサブタイトルとしては、“イオンに働く私たちが自らの人生を自分にとって満足なものにするために”、また、“門脇議員と考えよう〜私たちのまち・暮らし〜”と紹介されていました。
 写真はその研修会の様子ですが、私から、周産期や救命救急医療の現状と改善課題、医師不足の現況と対策などをかなり落とし込んだレベルでお話しました。
 そして、参加者の皆さんからも数多くの質問が出され、一つひとつ丁寧に答えています。時間の関係もあり、不十分な点もあったと思いますが、少しでも医療問題を理解していただければ、それは私にとっても嬉しいことです。
 なお、研修終了後、都議会(本会)議場、防災センター、都庁点展望室などを見学してもらいました。
 私は次の予定があり、最後までお付き合いできませんでしたが、昼食休憩のときは皆さんとごいっしょし、このときにも質問に答えています。私自身も教えられることが少なくなかった研修会でした。

5月8日(土曜日)

医療行政
ウォッチング


(写真クリックで拡大)