先週のことですが、京葉線新浦安駅に隣接しているオリエンタルホテル東京ベイで、「未来塾」の教育研修が開かれ、私も講師として行ってきました。
 この未来塾は次のように位置付けられています。「UIゼンセン同盟流通部会は、次期リーダーの育成と情報ネットワークの構築を目指し、各単組より推薦された固定メンバーが、勝木健司元参議院議員を塾長に迎えて、『未来塾』と銘打って、流通労働運動や政治活動のあり方など、年4回ゼミ形式の研修会を開催しています」。
 UIゼンセン同盟は、わが国最大の産業別労働組合であり、流通部会はスーパーマーケット、専門店などの組合で構成されている組織です。
 また、勝木健司さん(写真:私の左側の方)はUIゼンセン同盟出身で、参議院議員を3期勤められた大先輩です。私が杉並区議会議員に初挑戦した2年前にイトーヨーカドー労組から当時のゼンセン同盟流通部会に1年間出向していた時期があります。そのときの上司(部会長)が勝木さんでした。
 当時、勝木先輩はダイエー労働組合の委員長で、私も文字通り、公私ともに大変お世話になりました。もう、30年ほど前のことになります。
 その素晴らしい人柄が誰からも好かれ、このような研修会が発足したものと思います。なお、未来塾の愛称は、“勝木”から“克つ己”ゼミナールとなっています。
 当日は17名の精鋭が集合し、私の話を熱心に聴いていただきました。都議会や厚生委員会での活動についても報告しましたが、流通出身の議員として立場から、自分の過去の経験(店舗での苦情処理やお客様との接客など)を織り込みながら、政治と組合活動を中心にお伝えしました。
 質疑応答も含めて80分ほどの時間でしたが、来年の統一地方選挙に立候補したいという塾生もおり、私にとっても有意義な研修会となりました。

4月27日(火曜日)

未来塾での講演

(写真クリックで拡大)