この季節、東京でも雪が降る日が増えました。
 写真は事務所や自宅からも近い18日の青梅街道の風景です。積もることはありませんでしたが、良い感じの“雪景色”です。
 この日は毎朝軽自動車の運転をお願いしているスタッフがお休みでしたので、配布するチラシだけを持ってJR阿佐ヶ谷駅南口に徒歩で向かいました。
 街の雰囲気もなんとなく静かで落ち着いていて、それはそれで、風情を感じました。
 雪の日は道も滑りやすいので、防災靴を履いて出動です。都議会から防災用に支給されているものですが、一般的な長靴以上の安心感があり、心強い限りです。
 阿佐ヶ谷駅は通常遊説を行なっている南口ではなく、ダイヤ街の入口でチラシを配っています。
 悪天候にもかかわらず、数多くの皆さんが受け取っていただき、激励の声も掛けていただきました。
 1年ぶりにお会いできた支持者の方もおり、それだけでも嬉しい気持ちになります。
 これからも何日かは雪の降る日があると思いますが、元気に活動を続けていきます。

2月20日(土曜日)

雪の日も元気に

(写真クリックで拡大)