“旗開き”とは一般的にはあまり使わない言葉ですが、労働組合の新年会や新春のつどいのことです。
 昨日は晴海で、私の出身母体である「UIゼンセン同盟東京都支部」の旗開きがありました。
 写真上段左は、主催者を代表して挨拶する二宮誠支部長です。UIゼンセン同盟では総会など大きな会合のとき、必ず国旗(日の丸)を組合旗とともに掲揚します。
 これは考えてみると当然のことなのですが、ほかの労働組合で国旗を見ることはほとんどありません。また、UIゼンセン同盟の旗の色はご覧のように“真紅”です。連合系の組合では少なくなりました。
 写真上段右は参議院議員の蓮舫(れんほう)さんと、同下段左は、組織内議員の皆さんと撮りました。全員が良い表情をしています。
 さて、下段右の道路案内板ですが、会場に向かい歩いているときに気付いて写しました。なんか変ですね。
 タクシーの乗って、「乗務員さん、晴海通りを直進してください」と言ったら、この交差点ではどうなるのでしょうか。

(今週の駅頭活動は、島部都議補選応援と機材運搬車修理のため、お休みとします)

1月20日(水曜日) 労働組合旗開き
(写真をクリックすると拡大します)