一昨日の成人の日、杉並区では杉並公会堂で、「成人祝賀のつどい」が開催されました。
 会場のキャパシティーの関係で、新成人が住まいをしている郵便番号(166・167・168)別に3回同じ内容で式典が進められました。
 私は3回とも出席をしています。その間、公会堂と事務所を往復していました。同じコースを通っても街の風景が異なっており、それはそれで有意義な時間だったと思います。
 さて、参加者の皆さんですが、1回目→2回目→3回目とその数が増えていき、3回目は2階席もほぼ満杯でした。
 会場は少しだけざわつくとこもありましたが、全体的には良い雰囲気で式典が行なわれたと思います。
 また、当日の資料(新成人の生まれた年)には「社会での出来事」として、消費税スタート、バブル経済、ベルリン壁崩壊など、「流行したもの」として、歌では、美空ひばりさんの“川の流れのように”、長渕剛さんの“とんぼ”など、映画は、“ダイハード”“魔女の宅急便”などが紹介されていました。
 それから、お馴染みの新生児名ですが、男性は、1位翔太、2位拓也、3位健太、女性は、1位愛、2位彩、3位美穂の順でした。
 なお、記念アトラクションとして、区内在住のタケカワ・ユキヒデさんのミニコンサートがありました。次の予定があったので、少しだけ聞いて帰りましたが、やっぱり、“銀河鉄道999”は素晴らしかったですね。

1月13日(水曜日) 成人祝賀のつどい
(写真をクリックすると拡大します)