昨日、区内和田にある普門館大ホールで、立正佼成会杉並教会発足50周年記念式典があり、私も出席させていただきました。
 とても広い普門館は老若男女で満杯、4千人を超える信仰者や来賓が参加されていると発表がありました。
 写真左上は、長年にわたりご尽力された功労者への感謝状贈呈の様子です。客席の立っている皆さんが功労者の方々です。
 同右上の中央の方は、杉並区議会議員の河野庄次郎さんで、彼とは昭和58年に初当選しています。当時、民社党公認で共に戦った同志でした。現在は自民党と民主党に分かれましたが、人生の先輩としてご指導をいただいています。
 次に下段の2枚の写真ですが、左は杉並の責任者である小野田雅一教会長さんで、右は区立和田小学校校長の福田清一さんです。
 右の写真の左下には、山田宏区長や大宮八幡宮の鎌田宮司も写っています。
 また、写真にはありませんが、私も挨拶をさせていただきました。それから、私の席のすぐ近くに、日本ムスリム教会名誉会長の樋口美作さんがいらっしゃいました。私は以前からイスラムに関心があったので、少しの間でしたがお話をしました。
 樋口さんは「民主党には期待していますが、イスラム圏に詳しい人が少ないと思います」と言われていました。重要なご指摘と思いました。

10月12日(月曜日) 佼成会杉並教会50周年
(写真をクリックすると拡大します)