一昨日のホームページでは、コンパクトデジタルカメラを買い換えたことをお伝えしました。
 一つの機器の調子が悪くなると、それに連動するようにほかの製品が動かなくなるということがありますね。
 その例のとおり、頻繁に活躍してくれていたデジカメに続いて、FAXが壊れてしまいました。こちらは、デジカメに比べても相当長期間(15〜16年)働いてくれました。
 私には、二つの機器はお互いに、「選挙が終わるまで頑張って勤めを果たそうな」と励まし合っていたようにも思えるのです。長い間お疲れ様でした。
 さて、写真が新しくわが家で稼動を始めたFAXです。インターネットで購入したのですが、夜に注文して、翌日の夕方には届きました。在庫管理や物流システムは、日々向上しているようです。(製品によっては、当日中に配送するものもあると聞きました)
 ところで、デジカメやコンピューターなどと異なり、FXAの基本的な性能は、過去の製品と比べてもほとんど変わっていないと感じました。もうこれ以上、進化しないのでしょうか。
 確かに、全体的にコンパクトになり、ディスプレイが見やすくなったりしていますが、それでも機能の基本は変わりません。
 家電製品の中で、そのようなものがあって良いとも思うのですが・・・。

8月6日(木曜日)

新しいFAX

(写真クリックで拡大)