ご承知の通り、先日の東京都議会議員選挙で、私たち民主党(会派名:都議会民主党)は、34名から54名に躍進させていただきました。
 それに伴い、議会内でもいろいろなことが変わってきます。その一つが、控え室などのスペースが増えることです。。
 具体的な数字は掌握していませんが、、議員1人当たりの面積が定められており、それに会派人員を乗じたものが全体の占有面積になります。
 その中には、議員控え室を始め、総会室、会議室、政策調査会事務室、受付エリアなどが含まれます。
 ですから、民主党の場合は、今までのスペースに20人分の面積を加えた広さに拡張されるわけです。全体では相当拡張されることになりますね。
 また、そのために議会の閉会中の期間を利用して、工事が行なわれる予定です。
 写真は引越し準備中の控え室の様子です。机の中やロッカーに私物などをダンボールに入れ、一時的に仮控え室に移転します。
 当然のことですが、会派人員が減少すれば、仮控え室から戻ってきたときには、今までより少ない面積になっています。
 私は初当選した4年前と今回、都議会ではスペースが増加したことしか知りません。しかし、区議会のときには、その逆のことも十分に体験してきました。
 そのことを考えると、少し複雑な思いになることもあります。

8月1日(土曜日)

控え室の引越し

(写真クリックで拡大)