今回の都議会議員選挙では、民主党本部から代表や幹事長が応援に入ることはありませんでした。
 同僚議員とも話しましたが、現職が立候補した選挙区は同様だったようです。新人(特に複数擁立した選挙区)優先だったのでしょうね。
 また、衆議院の解散総選挙が8月中には実施されるといわれていましたので、そのことも支援体制に影響していたかもしれません。
 しかし、私の応援には多くの国会議員の皆さんが入ってくれました。期間中に限っても、川端達夫副代表、前原誠司副代表、野田佳彦幹事長代理、松木けんこう(衆)、加藤公一(衆)、伴野豊(衆)、山根隆治(参)、鈴木寛(参)、川合たかのり(参)、柳沢みつよし(参)、米長晴信(参)の皆さんから力強い演説をしてもらいました。
 もちろん、街頭での応援以外でも、数多くの国会議員や地方議員の皆さんに、公選(選挙)ハガキなどのご協力をいただいています。
 さて、最終日の「打ち上げ集会」(午後7時30分・JR阿佐ヶ谷駅南口)には、名古屋市長の河村たかしさんが駆けつけてくれました。
 今までも何回か報告してきましたが、昨年から何度となく河村さんには応援に来ていただいています。今回も、「門脇さんの応援には必ず行きたい」と言われていたと聞きました。
 応援メッセージをいただいた皆さん、本当にありがとうございました。そのご恩に報いるためにも、都議会でしっかりと働いてまいります。

7月17日(金曜日)

名古屋市長の応援

(写真クリックで拡大)