一昨日投開票の名古屋市長選挙では、前・民主党衆議院議員の河村たかしさんが、自民党・公明党が推薦した対立候補を大差(ほぼダブルスコアー)で破り初当選しました。
 写真左は名古屋市の中心部、栄区三越前の河村さんです。ネクタイを締めてはいますが、中日ドラゴンズの野球帽を被り、とてもラフな服装です(写真右は勝利のポーズ)。
 また、応援に行った同僚議員から聞いたのですが、選挙費用は100万円以下で賄うとのことでした。一般的には町長選挙でもそれ以上の費用が必要と思います。人口225万人の名古屋市制のリーダーを決める選挙では、異様なくらい低い金額です。
 しかし、そこに河村さんの“庶民性”がにじみ出ているようにも思えます。あまり知られていないことですが、河村さんの東京での住まいは、文京区根津のアパートでした。
 私は地方選出の国会議員が議員宿舎に入居することが良くないとは思っていません。しかし、河村さんが私の応援に来てくれたとき、「アパートの住人と一杯やるのが楽しい」と言われているのを聞いて、気取りのない方と強く感じたことを覚えています。
 同様に、私の後援会幹事会のあとの、会費制での懇親会にも何度となくご一緒してくれています。場所は毎回居酒屋さんですが、参加したメンバーと楽しそうに“政治談議”をされていました。
 さて、今まで何回か河村さん(彼の友人でもある松木けんこう代議士も)とのジョイント街宣の写真と記事を紹介してきましたが、明日は未掲載の写真を8枚見ていただきたいと思います。
 最後になりましたが、今回の勝利は河村さんの個人的人気が大きな要因だったと思います。民主党全体に対する評価が回復したわけではありません。
 そのことをしっかりと踏まえて、これからの諸活動を一層強化していきます。

(写真をクリックすると拡大します)

4月28日(火曜日) 名古屋市長選挙勝利