写真は今月12日にPHP研究所から発売された、「人生、すべて当たりくじ!」で、サブタイトルは「どんな逆境にも負けない生き方・考え方」を記されています。
 著者(写真の方)は現在、セブン&アイ・フードシステムズで代表取締役を務められている、塙昭彦(はなわあきひこ)さんです。
 以前にも紹介しましたが、私が区議会議員選挙に初めて立候補した当時、イトーヨーカドーグループ(現・セブン&アイグループ)労働組合会長の職にありました。
 また、大学(青山学院)の先輩、後輩という関係もあり、私が今日までもっともお世話になり、ご指導をいただいてきた方のお一人でもあります。
 過去のことになりますが、塙さんは「あしたへの旅路」という著書があります。こちらは自伝的小説になっていますが、残念ながら絶版になっています。
 さて、版元ではこの本を次のように解説しています。少し長くなりますが引用します。
 東京空襲で焼け出されて長野へ疎開し、その日食べるものがない極貧の生活を経験。戦後、両親が始めた映画館の経営が大当たりするが、不審火で丸焼けになり、財産のすべてを失う。再び中学・高校と赤貧を洗うがごとき生活を経て大学へ入ったものの、学生自治会活動に没頭したため就職のチャンスを失う。
 そんな著者がふとした縁でイトーヨーカ堂に入り、青果バイヤーとして辣腕をふるう一方、労働組合執行委員長、女子バレーボール部監督(日本リーグ優勝)など、普通のサラリーマンが経験できないような仕事に従事。そして1996年、「専務取締役中国室長」の辞令を受け、25000人の部下を持つ身から、たった一人で中国へ赴任。わずか10年余りで中国イトーヨーカ堂を11店舗、売上1000億円の規模にまで育て上げた著者が語る、「前向き人生の歩き方」「仕事の取り組み方」「サービスの真髄」「リーダーの哲学」「小売業成功のノウハウ」。

 価格は税込で998円です。どんなお仕事をされている方でも、一読すれば必ず元気になる本ではないかと思います。不況の波が強くなっているいる今だからこそ、“必読書”といえるでしょう。

12月17日(水曜日)

人生、すべて
当たりくじ!


(写真クリックで拡大)