昨日の午前中、安斉あきら区議会議員と飯田橋にある「東京都労働相談情報センター」に行ってきました。
 以前から安斉議員と話していたことなのですが、東京都と杉並区が連携して“職場における心のケア(うつ病対策や自殺予防)セミナー”を実施するための相談でした(写真左)。おもに中小企業経営者や労組役員を対象予定としたものです。
 研修会の講師派遣や全体的な企画については東京都が、参加者への呼びかけや会場確保、広報誌への掲載などについては杉並区が担当する方向でお願いすることになりました。
 ただ、都としては杉並区(民)だけを対象とした研修会ではないことが示されましたし、区の対応も行政として決定したことではありません。つまり、これからの調整です。
 しかし、区内でこのようなセミナーが実施されれば初めてのことであり、是非成功させたいと思います。
 写真右は偶然だったのですが、センターで実施されていた「採用内定取消・非正規労働 緊急特別相談会」の様子です。この相談会のチラシには次のように記載されていました。
 雇用情勢は厳しさを増しつつあり、一部に期間従業員や派遣労働者を対象とする雇用調整の動きや、学生・生徒の採用内定取消し等も発生しています。都は労働相談情報センターにおいて(中略)このたびフリーダイヤルを設置し、弁護士・社会保険労務士等を配置するとともに、国および関係機関の協力を得て、採用内定取消しや非正規労働に関する「緊急特別相談会」を実施します。
 労働団体なども同様な相談を行なっていますが、いち早い東京都の対応はとても評価できることです。
 特に学生にとっての内定取消しは一生の重大な問題ですし、非正規労働に携わる人たちも本当に困惑しています。今週19日までの午前9時から午後5時まで、フリーダイヤル0120-191-887で受け付けていますので、お困りの方は相談されてみてはいかがでしょうか。

(写真をクリックすると拡大します)

12月16日(火曜日) 雇用緊急特別相談会