昨日朝の駅頭は、京王線代田橋で行なう予定でした。自転車で自宅を6時45分に出発、駅前には7時10分くらいに着きました。一番遠い駅だと思います。
 駅入り口でノボリ旗のポールを立てながら準備をしていると、増田裕一区議会議員から連絡がありました。
 「門脇さん、駅前より甲州街道沿いの歩道橋のところが良いと思います。こちらに来てください」との内容でした。
 この周辺にお住まいの方はお分かりの通り、京王線代田橋駅は世田谷区にあります。
 しかし、杉並区民の皆さんも和泉地域にお住まいの方を中心に、この駅を利用されています。
 増田さんの判断は、世田谷区民の利用も多い駅前よりも、杉並の皆さんが歩道橋を利用され駅に向かわれるこの場所がベターということで、この選択は正解でした。
 甲州街道は大変に通行量の多い幹線道路ですから(特にこのすぐ近くには大原交差点があります)横断歩道がなく、歩道橋を利用になければ反対側に行けません。
 駅頭活動といっても、必ずしも“駅前”とは限りません。なお、代田橋での活動は初めてでした。
 それにしても、この歩道橋を降りてくる専修大学付属高校の生徒の数はすごかったですね。全体的には男女とも制服の乱れなどなく、爽やかな感じの学生が多かったように感じました。

(写真をクリックすると拡大します)

10月18日(土曜日) 甲州街道代田橋