9月30日の午後6時から、恵比寿にあるホテルで、台湾(中華民国)の駐日大使館にあたる「台北駐日経済文化代表処」の新しい代表になられた、馮寄台さん(写真右上)の就任パーティがありました。
 中国語の読みでは、フォン・チータイと発音します。とても残念なことではありますが、日本と台湾の間にはご承知のとおり正式な国交がありませんので、“代表”という名称ですが、実質的には“大使”があり、いただいた名詞にも小さく大使と書いてありました。
 当日は在日華僑の皆さんの主催でしたので、会場は北京語や台湾語が飛び交っていました。私は写真左下の李愛珠さんに招待をいただき出席しました。とても素敵な方で、8月の台湾訪問でも大変にお世話になりました。
 ホテルの広い会場は多くのお客様でいっぱいでしたが、華僑主催ということもあり、議員は私だけでした。余談ですが、8日には代表処(大使館)主催のレセプションがあり、こちらも招待をいただいていますが、先約のため欠席です。
 代表の略歴などはこちらからご覧いただけますが、港区立の小学校と中学校で学んでいます。また、中華民国総統(大統領)の馬英九さんに似ていらっしゃると感じました。
 それから、写真右下は代表の奥様です。彼女は台湾IBMの重役の一人で業務が忙しく、そのため、代表は単身赴任だそうです。
 会場に入る前は、どんな会合かなと思っていましたが、いろいろな方々とお話しすることができ、楽しい時間を過ごしました。

(写真をクリックすると拡大します)

10月3日(金曜日) 台湾駐日代表華僑晩餐会