一昨日の火曜日、午前と午後、立正佼成会の二つの行事があり、それぞれ参加しました。
 午前10時からは、国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑で「戦争犠牲者慰霊法要並びに平和祈願式典」が開催されました。
 上段の写真2枚はその様子ですが、一番感動的だったのは、中段左の写真(デジカメを忘れ携帯で撮りました)中央の方のお話しでした。
 お名前は蜂須賀智子さんで、ヒロシマ宗教協力平和センターの証言者です。被爆したとき女子学生と言われていましたので、かなりのご高齢でしたが、しっかりとした口調で戦争と原爆の悲惨さを語られました。
 午後からは地元杉並に異動、杉並教会第四ブロック主催の「秋季彼岸会法要」に出席しました。
 写真下段左の中央は、杉並教会責任者の小野田雅一教会長です。“法座”といって、参加者が輪になって説法を聞いたり、悩み事などを相談してアドバイスを受けます。
 余談ですが、移動の途中に新宿駅専門店モールでカレーライスを食べました。ジャーマンカレーを頼みましたが、とても美味しくいただきました。

(写真をクリックすると拡大します)

9月25日(木曜日) 二つの佼成会行事