東京都のホームページでは「TOKYO体操」について次のようにアナウンスしています。
 東京都は、2013年東京国体開催や2016年オリンピック・パラリンピック東京招致に向けたスポーツムーブメントの創出を目指し、誰もが楽しくできる新しい健康体操プログラム「TOKYO体操」を企画・開発しました。
 ダンス風エクササイズのアクティブバージョンと、幅広い年代で行えるシッティングバージョンの2通り。
 イメージリーダーは、AKB48と蛭子能収氏。
 皆さんも、生活の中で気軽に「TOKYO体操」を始めてみませんか。

 写真は、東京都生活文化スポーツ局が作製したDVDです。写っている若い女性はボランティアで参加してくれた「AKB48」の皆さんです。
 DVDと同じ内容のものは、こちらをクリックしていただくとご覧いただけます。また、ダウンロードして保存することも可能です。
 私も早速、両バージョンとも実際に体操してみましたが、アクティブバージョンは結構ハードです。リズムに乗るまでに時間が掛かりそうです。
 シッティングバージョンは手軽にできますが、キャスター付の椅子ですと動いてしまうので、パイプ椅子などが良いでしょう。
 ラジオ体操のようにメジャーになるまでは相当の時間が必要でしょうが、少しずつでも普及するように、微力ですが宣伝したいと思います。

9月21日(日曜日)

TOKYO体操

(写真クリックで拡大)