写真は今週の水曜日、永福町駅に向かうとき撮りました。場所は五日市街道尾崎橋、時間は午前7時少し前です。
 ハトが写真のように仲良く並んでいましたので、携帯を取り出して“パチリ”です。
 この周辺には都立善福寺緑地がありますが、ハト、カラス、スズメなどが“共存”しているようです。ただし、カラス同士の喧嘩を見ることはありますが。
 ところで、話題は異なりますが、北朝鮮が拉致問題調査委員会の立ち上げを延期したことが明らかになりました。
 その理由は良く分かりませんが、多分、次の総理大臣が誰になるかを見極めたいからでしょう。
 今まで拉致問題にほとんど取り組んでこなかった総裁候補もいますから、北朝鮮として選挙結果はとても気になることでしょう。
 もちろん、政府はこのことが進展するまで、一切の経済制裁解除を行なうべきではありません。
 その自民党総裁選ですが、朝日新聞は次のように報道しています。
 ある若手議員の秘書は、支持者からの問い合わせに驚いた。議員から「総裁選に出ます」というメールが届いたというのだ。本人に意欲はあるようだが、立候補に必要な20人の推薦人を確保したという話は聞いていない。どういうことなのか、議員に問うと答えが返ってきた。 「選挙も近いし、名乗りを上げれば露出が増えるから」
 本当でしょうか。また、「推薦人確保のあてがない意欲表明は売名行為と紙一重でもある」とコメントしています。
 他党のトップリーダーを決める選挙ですが、確かにその通りと思います。

9月6日(土曜日)

平和の象徴は

(写真クリックで拡大)