昨日の新聞で発表になりましたので、ご覧になった皆さんも多いと思いますが、民主党は来年7月上旬に行なわれる東京都議会議員選挙で、第1次公認候補を決定しました。
 わが党の都議会議員選挙での公認決定権は党本部が持っていて、8月19日に開催された第440回常任幹事会で決まったものです。
 前回(4年前)の公認は、いろいろな事情があり、私の公認は11月でしたから、3カ月ほど早い公認になりました。
 現職が30名、元職が1名、新人が8名の合計39名で、男女の内訳は、男性が33名、女性が6名です。
 都議会民主党の現有勢力は34名ですが、江戸川区選出の初鹿あきひろ議員は衆議院選挙出馬のため、今回の公認候補者には入っていません。
 残りの3名ですが、諸事情により第1次の名簿に名前がありませんでした。私の知る限り、その3名とも次期選挙に立候補の意志がありますので、個人的な思いとしては、できるだけ早く公認が出ればよいと考えています。
 さて、今回の公認はとても嬉しいことではありますが、日々の活動が大きく変わるものではありません。「誠実でありたい。初心を忘れない。いつもチャレンジ!」を基本に、毎日の活動を着実に進めていきます。
 また同時に、前回の準備期間ではできなかった諸活動にも積極的に取り組む決意です。この秋には、パネルディスカッションやゴルフコンペも実施する予定です。
 それから、「都政と区政をつなぐ議員」を基本として、同僚区議会議員との連携をさらに強化します。
 支援をいただいている方々には、いろいろな面でご迷惑をお掛けしますが、自分自身も全力で奮闘してまいりますので、更なるご協力をお願いいたします。

8月21日(木曜日)

都議選公認決定

(写真クリックで拡大)