昨日、都議会文教委員会が開かれ、私から、調理冷凍食品の「原料原産地表示」について、2点の要望を含めて質問をしました。その具体的内容については、議事録の速報が出されたときにお伝えします。
 それから、教育庁の質疑に移りましたが、一昨日、杉並第十小学校で起きた男子6年生転落事故に関して、三つの緊急要望を行いました。写真はその様子です。
 亡くなられた中村京誠君のご冥福をお祈りしたあと、以下の緊急要望を教育庁に伝えました。
 1.今回事故のあった屋上の天窓は防護柵がなかったようです。当然各区市町村において、同様の天窓について緊急に点検し対策をとられるでしょうが、必要に応じて区市町村教育委員会への技術的・財政的支援を行うことを要望します。
 2.天窓の点検・改修だけではすまない課題もあります。同様の事故が横須賀市、横浜市で起きていたとの報道もあり、過去にはプールでの事故死、シャッターの事故死など、その都度なぜ情報共有ができなかったか、問われてきました。事故情報を全国で共有し、安全対策につなげる体制についても、しっかりとした取り組みをお願いします。
 3.学校で子どもが死亡するという事態が二度と起きないよう、都立学校なども含め、改めてどこにどんな危険があり、どのような安全対策が必要か「ありうることは必ず起こる」という視点から、見直していただくことを求めます。

 この学校は1986年に開校しており、今年で築22年になります。当時、私は区議会議員の1期生でした。開校記念式典にも出席した記憶があります。
 杉並区や同僚区議とも連携し、校舎耐震改修などを含めて奮闘努力していきます。

6月20日(金曜日)

文教委員会での
緊急要望


(写真クリックで拡大)