一昨日の金曜日、市ヶ谷にあるUIゼンセン同盟会館で、東京都支部の運営評議会が開かれました。
 2ヶ月に一回程度行なわれていますが、私も出身議員として、できる限り参加するようにしています。
 会議の冒頭で、衆議院議員選挙立候補予定者の皆さんが挨拶をされました。いずれも、UIゼンセン同盟が推薦した方々です。
 写真左がその様子です。左端から、中山よしかつ(東京2区)、手塚よしお(同5区)、早川久美子(同17区)、長島昭久(同21区:右の写真))、山花郁夫(同22区)、二宮支部長、田中けいしゅう(神奈川15区)、城島光力(同10区)、ひだか剛(同18区)の皆さん(敬称略)です。
 このほかにも、何人かの推薦決定をしています。解散・総選挙がいつあるか分かりませんが、当選に向けて頑張ってください。
 また、一番右の方は伊藤正昭さんです。狛江市長選(6月15日告示、22日投開票)に立候補を予定しています。
 狛江市長は、全国の首長でも極めて珍しいのですが、共産党の党籍を持っています。
 もちろん、共産党市長といえども、狛江市民の皆さんの選択で当選しているのですが、市政の問題点も多いようです。伊藤さんには奮闘してもらいたいと思います。

(今日は何の日?4年前の4月20日の記事です。事件は今から19年前に起こりました。こちらをクリックしてください)

(写真をクリックすると拡大します)

4月20日(日曜日) 衆議院選挙立候補予定者